とまちゃん幼稚園へいく 登園しぶり編13

前回の話はこちら

とまちゃん幼稚園へいく 登園しぶり編12

登園しぶり編 初めからはこちら

とまちゃん幼稚園へいく 登園しぶり編④

入園式編 初めからはこちら

とまちゃん幼稚園へ行く 入園編①

本編

 

あとがき

療育の先生のお話によると娘は幼稚園のあとの療育は元気いっぱいに過ごしているとのこと。

幼稚園以外の様子もおかしかったり、先生に心配ということで再び声をかけられなければ一旦様子を見ましょうということになりました。

一番初め声をかけていただきましたがそれ以降は私が先生に聞かない限り向こうから声はかけられませんでした。

こわいと言いながらも活動はできているのか…。

マジックミラーで娘の様子を眺めていたいです。

ちなみに療育の先生が言っていた「娘にとって集団生活は慣れるものではない」というのは「集団が苦手という基質は変わらない」ということでした。

苦手ながらも自分の中で折り合いをつけてストレスを排除しながら生活する子もいればやはりどうしても耐えられない子もいますよね。

娘はどのタイプかは分かりませんが一旦様子見になりました。

次回、再び幼稚園を休むことになり私の中で焦りと疲れが出てくることに…。

続きます!

続きはこちら

とまちゃん幼稚園へいく 登園しぶり編14

 

 

60+






同じカテゴリの記事